網戸張替えをするタイミング【経年劣化で柔軟性が無くなる】

MENU

網戸

業者に依頼する目的

網戸の張替えを行う場合、業者に依頼するのがおすすめです。何枚も張替えなければいけない場合、自分で行うのは大変です。自分で必要な道具を揃え、網戸を外すなどの手間暇を考えると、業者に依頼したほうがメリットがあるでしょう。

詳しく見る

タイミングを見極める

部屋

交換サインを確認

網戸を交換する目安は使用状況などによっても変わりますが、おおむね約5年から7年程度と言われています。どのような状態になったら網戸の張替えが必要になるのか、交換サインを確認して張替えるタイミングを見極めましょう。ネットの網目が大きくなっていたり、穴が開いているという場合はできるだけ早めに網戸の張替えを行うことをおすすめします。網戸は外からゴミや虫が入ってこないようにすつものですが、少しでも網目が広がったり穴が開いていると、そこから室内にゴミや虫が入ってしまうからです。すでに網戸のしての機能をなしていないので、このような状態にネットがなっていたら張替えるタイミングとなります。また網戸のネット自体には問題はなくても、そのネットを固定する押さえゴムが劣化している場合も張替えを行うタイミングの1つです。押さえゴムは文字通りゴムで作られているので、経年劣化により柔軟性を失うとポロポロと崩れてきてしまいます。押さえゴムの劣化が進むとネットを固定する力も低下するため、ネットがピンと張った状態にならずたわんでしまうのです。網目が大きくなっていたり、大きな穴が開いていなくても使用年数が5年以上経っている場合は、押さえゴムと一緒に網戸のネットも交換すると良いでしょう。見た目には穴は開いているように見えなくても、小さい虫が室内に入るようになったという場合も、よりネットの目が細かいものへと張替えるタイミングとなります。

男の人

情報を集めることが大切

網戸のネットを張替える場合、まずは各業者の情報を集めることから準備を始めます。申し込みの流れはまず業者が訪問し、その後見積もり書の提出や、どのようなネットの種類に張替えるかを相談してから契約となります。

詳しく見る

婦人

まずは見積り

高齢になると、網戸の張替えのような作業は、スムーズにできなくなる場合があり、そういった時には、業者に依頼するという方法があります。業者を探す場合には、インターネット上の複数の店舗を比較して、口コミ情報などを参考に選ぶことができます。

詳しく見る

網戸

各業者の相場を確認

網戸の張替えは業者によって変わります。安いところだと一括見積請求サイトで、1枚の相場は1000円から1500円です。保証が充実していることが多い、総合リフォーム業者であれば相場は3000円から4000円程度となっています。

詳しく見る

インテリア

虫が嫌がるネットに変更

虫が苦手という人は、虫を寄せ付けない薬剤を使っているネットで、網戸を張替えてみましょう。デング熱など伝染病を引き起こす蚊も寄せ付けないので、小さいお子さんがいるご家庭にも、このような機能を持つネットへの張替えはおすすめです。

詳しく見る